慰謝料の確定

交通事故の慰謝料の確定の手順とは

交通事故は治療だけでも辛くて気持ちも重くなります。しかし、それが一段落ついたら、今度は慰謝料をはじめとする賠償金の交渉に入ります。これがまた厄介で、気持ちも沈みます。
と言うもの、加害者、相手の保険会社ともにできるだけ補償の負担を少なくしたいのが実情です。交通事故には国の自賠責保険があります。その自賠責保険で賄って、自分からはできるだけ持ち出したくないのが本音ですので、少なく見積もってきます。そこで交渉も必要になってくるのです。手順よくスムーズに進めることが負担の軽減にもつながります。

まず、自分がこれ以上通院しない、治療しても良くならないと判断した時から、交通事故の賠償金交渉は開始します。時に保険会社から治療途中の野に、これ以上は治療費を出さないと打ち切られる場合もあります。この時は医師に診断が必要な旨の診断書を書いてもらい、提出して治療を続けましょう。

また、医師からこれ以上は良くならないと判断されたら、後遺障害に当てはまるかチェックして、該当しそうなら後遺障害の申請をしましょう。後遺障害は自分からも申請できます。これが認定されるとされないとでは補償金額がかなり異なります。交通事故の賠償金請求は自分から動く必要がります。

治療がひと段落した、後遺障害の審査を終えたら、相手方に慰謝料を含めた賠償金の見積もりを出してもらいます。慰謝料は症状の程度、入院日数、通院期間などによって目安が決まっています。また、この目安も裁判を起こした場合、任意保険の場合、自賠責保険の場合で差があります。自分がどの目安になるのかを知っておきましょう。大まかな目安や計算方法はサイトや本などで知ることができます。

相手の見積もり金額に満足ができたら、これで了承する旨を伝えます。承諾書が渡されるので、内容を一読し署名捺印します。これですべて解決、賠償金が支払われる手順になります。

しかし、納得がいかない場合は交渉が必要になってきます。交通事故では慰謝料が重要になってきますので、低い、おかしいと思ったら粘り強く交渉します。交渉して満足できる金額になったら、それで書面にサインと捺印をしたら終了です。

しかし、納得がいかずに間に弁護士などを入れた場合は、交渉も最後の承諾も弁護士仲介となります。弁護士経由で承諾書が来ますので、それにサイン捺印して、弁護士に返送します。弁護士が相手方に送ってくれ増すので安心です。

交渉を円滑に、有利に進めるには、ある程度自分でも相場や計算方法などを知っておく努力は必要です。そうすれば手順もスムーズに、労力も少なくても済みます。

交通事故はその後の交渉こそが大変です。体も辛い時ではありますが、できるだけいろいろな情報を集めて、納得できる形で追えることができるように、頑張って動くことが大切になります。